8/12愛川町文具店ライヴ


12日は神奈川県の愛川町でライヴに告知出演というか
ゲスト出演してまいりました。
私もいろいろな場所(ボクシングのリングとか、銭湯とか)で
歌わせていただいたことありましたが、文房具屋さんでの
ライヴは初めて
といっても私がお店に行った時は既にライヴ会場になっていましたが・・

日曜日の夜の30人劇場
地元の方々が本当に楽しみにされて予約で満席です。
店主の なおさんは大変な趣味人・粋人・エンターティナーな方で
ご自身でオリジナル曲を作ってバンドで歌い かっぽれも踊る
一人芝居もする。腹話術もする。常にそのアンテナを張り巡らせているかたです。
その なおさんが数年前に町田で私のチラシを偶然市民会館かどこかで
ご欄になりずっと興味をもたれていたのが出演のきっかけとなりました。

とは云っても昨夜はゲスト出演
本番は9月9日

Ro-mioさんと本厚木で練習しバスで愛川町役場行きのバスで40分
今夜のメインアクト「響&ちくりん」さんはリハを済ませてスタッフの方と
なごんでいらっしゃいました。
「たまのや」さんは本当に昔から私たちが想像する町の文房具屋さんと
云った雰囲気のお店 入り口が駅舎風なのはきっと
ステーションとステーショナリーをひっかけた洒落なのだなと思いました。

店主のなおさんの歌と踊りでライヴは始まり
地元のお客様も「たまのやさんが歌ってる」といった雰囲気で
楽しそうに見つめていらして いつしかそのペースに引き込まれ
手拍子されていました。 なおさんの芸是非観ていただきたいです。

メインアクトの「響&ちくりん」のお二人はこのエリアでは有名な方で
オカリナのちくりんさんは私がライヴ活動を始めたころから存じてる
全国的にも有名な オカリナミュージシャン いつもお会いする度
キラキラしている美しい方
響さんはアコースティックギターで津軽三味線を弾くという超技巧派
ギタリスト まるでギターではなくハープか何かを奏でているかのような
この二人の演奏に皆さん本当に酔いしれていました。

途中我々 ロミチャリは登場2曲ほどの演奏でしたが
皆さん大変盛り上げてくださいました。
9/9の手ごたえ充分にあり(笑)

愛川町の地元ミュージシャン ジュテーム赤羽根さん、みらいあいこさんも
御来場いただきお二人とも感じるところがあったご様子。

お客様をお見送りして皆さんで店内を元の文具店に戻し
なおさんの一夜の夢 シンデレラの馬車はカボチャに戻り
次回の9月9日を待っております。

皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201208132136
| チャーリー坂本の日記 |