2/25 新宿カールモール「昭和レトロナイト」

209848_1542031406_112large.jpg
201222509.jpg
2012022507.jpg
209848_1542031403_131large.jpg
2012022508.jpg
2012022510.jpg

東京には星の数ほどミュージシャンがいて
皆それぞれ何かしらの自身のキャッチコピーというか
こういう音楽やってますみたいな肩書きがあると思う。
ボサノバだったり、JAZZだったり、ロカビリーだったり
オリジナル曲の人も特定のライヴハウスの色があったり
尊敬するミュージシャン風だったり
それは自分を他人にブッキングしてもらう為や
集客する際のセールスポイントになるから。

私の場合ウォーキングベースで歌うけれどJAZZではなく
オリジナル曲も歌謡曲風だったりで「スウィング歌謡」なのだ。

今回Ro-mioさんに誘っていただいたお店
新宿「カールモール」は当に私にぴったりな雰囲気
この場所で42年営業しているレトロなBAR
ステンドグラスや壁のゴブラン調の布クロス照明と
こってり昭和なのだ。
企画名も「昭和レトロナイト」私の為にあるような企画~

お店に着くとブッキング担当のマダム小林さんが
迎えてくださり70年代の古着とヘアスタイルの彼女が
このお店にぴったりといった感じでした。

共演はRo-mioさん 赤坂ブルーナイツさん
両方ともバンドで大所帯 
Ro-mioさんのバンド編成ははじめて観ましたが
昨年のワンマンライヴの編成とのことで完成度高かった。
ロミさんは昭和歌謡ではないけれどオリジナルが
昭和テイストでバンドの演奏もカッコ良かった!
彼女はとても才能のあるミュージシャンだと思います。
本当にオススメ♪

赤坂ブルーナイツさんはサックスまで入った昭和ムード歌謡
オリジナルもやります。メンバー凄腕揃い
楽屋のお話を聴いていたらかなり歌謡曲オタクでした。
昭和40年代の歌謡バンドの雰囲気を味わいたい方は
是非観ていただきたいステージです。

チャーリーは間に箸休め的に登場。
Ro-mioさんに歌が上手くなったと褒めて頂きました。
ポツリポツリと会場の笑いもいただけたしで
良かった良かった(笑)

昨年はRo-mioさんのCD発売でお手伝いさせていただいたので
今年は彼女が私の為にと新しいお店を紹介して下さいました。
ただただ感謝。

ご来場のお客様

共演の皆様 小林さん 有難うございました。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201202261911
| チャーリー坂本の日記 |