2月12日横浜BORDERLINEライヴ

2011021204.jpg
2011021205.jpg
2011021206.jpg
2011021207.jpg
2011021203.jpg

横浜や神戸はとても雰囲気の良い街だから沢山のミュージシャンが
ライヴをやりたがる。
だから同じ地域で知り合いのミュージシャン同士が何組もライヴを
やっているなんて珍しい事ではないのだ。
12日の夜は当にそんな夜。

12日は横浜野毛のライヴBAR「across the BORDERLINE」で
スカンクちかのさん NOBUさんとライヴでした。
外はみぞれが上がってもまだ寒い夜。
お客さんの出足も遅かったので、ちかのさんNOBUさんと
色々と話をさせていただいた。

最近はどこのライヴに出演してもだいたい私が年長だったりするのに
今夜は小僧な自分が嬉しい。
お二人ともかなり酔っていらっしゃったが、とても深みのある
素晴らしいお話を聞けたと思います。

NOBUさんはセンスあるブルースギターでオリジナルを演奏される。
見た目の雰囲気も抜群で薄暗いBORDERLINEがとてもお似合いでした。

ちかのさんは「ルート66」のパロディで「ルート16」を歌われて
その替え歌のセンスに脱帽
最後はゴスペルを自作日本語詞で
これに皆やられました・・・。渋い

私はいつも演っている曲を普通に演奏♪
楽しんでいただけただろうか。

ちかのさん NOBUさん本当にお世話になりました。
また遊んでやって下さい。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201102162049
| チャーリー坂本の日記 |