4/21上諏訪「1977」ライヴ満員御礼!

SANY0125.jpg
SANY0131.jpg
SANY0128.jpg
SANY0162.jpg
SANY0161.jpg
SANY0139.jpg
SANY0159.jpg

甲陽軍艦によれば戦陣において病没した武田信玄の遺骸は
甲冑を着せ諏訪湖に沈められたとされる伝説があるそうな。

それだけ諏訪湖とは神秘性を秘めた湖なのだ。
今年は4年ぶりに氷結した湖面が轟音とともに割れる
オミワタリという現象が2月にあったと全国ニュースになったほど

いつか行ってみたいと思い続けていた諏訪
今回はライヴと云う形で諏訪行きが決定した。

中央線で山梨県を横断するとすっかり桜が満開
ただ諏訪は桜5分咲といったところでした。

早く到着したので下諏訪から早速観光
山猫という地元で有名な蕎麦屋さんでこしのある
信州蕎麦を食す。

諏訪大社 秋宮 春宮と参拝
私の歳になると願い事も多い
江戸時代の風情も残る良き町並み。
道に迷いながらしっかり観光
ホテルのチェックインの時間が迫り
あわてて上諏訪駅に移動
ステーションホテルだが流石温泉街
露天風呂付き
まだ肌寒いので露天で温泉に浸かる幸せは
どんな贅沢にも代えがたい。

ゆっくりしていると今夜のライヴのリハーサル時間
慌ててギターと衣装を持ってホテルを飛び出す。

今夜のお店「1977」は札幌出身のマスターが昨年暮れに
オープンしたばかりのフォーク酒場
フォーク酒場というには贅沢な照明設備と音響
内装もマスターが自身で手がけたそうです。
リハが終わると「お腹空いてない?」と
いなり寿司をご馳走になりました。

奥様と今夜のスタッフの方がやって来て
満員のお客様を迎える準備が始まる。
今夜は満員の予定だが蓋を開けるまでわからない。

PM7:00オープン
出足は遅いが開演10分前にはもう満席
勝手知ったるお店なら特に緊張もないが
まったく初めて来た街だしはじめてのお店
少しドキドキ 昼間の観光で足がだるい
最近の地方遠征は観光に力入れ過ぎかも(笑)

PM8時開演
マスター
ご自慢の照明がステージにあたる
何故かスモークも焚かれ
チャーリー登場
スパンコールのタキシードがミラーボールの様に
まぶしく乱反射 更には「スウィング歌謡」のぼりが
ステージ後方に下りると客席から「オー!」の歓声
いったい何が始まるのか(笑)

これですっかり私のペースでライヴは進行
諏訪の方はライヴ中はお喋りもせず真剣に聴いて下さいます。
MCには爆笑で反応して下さるし
最高の夜でした。
盛り上がりました。
マスターの歌も聴けて本当に楽しかった。
深夜にホテルに帰ってひとり露天風呂で歌を歌ってました。

日曜日は諏訪湖の遊覧船が何故か無料で
亀の形の遊覧船で諏訪湖クルーズ
間欠泉と桜五分咲の高島城を散策し
東京へ
諏訪は本当に良いところ
仕事をリタイヤされてこの地に移り住み老後を過ごす方も
いらっしゃるそうです。
温泉もあるし 神々に抱かれている感じがします。

マスター お世話になった皆様有難うございました。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201204222055
4/17本厚木「まいど」Paul Chesne日本ツアー

CAR9N3CB.jpg
maido.jpg

いつもお世話になってます。本厚木まいどさんで
L・AのミュージシャンPaul Chesneがライヴをするとのことで
一緒にライヴして参りました。

「Paul Chesne」
http://www.paulchesne.com/

今回は彼のアコースティックギター弾き語りがメインで
未来あいこさんと私が20分くらいづつ

ライヴはセッション大会で盛り上がりました。
スタンドバイミーとか・・

Paulがギターを片付けているときに
『チャーリーの動画をアメリカで観たよ』という様な事を
英語で話しかけてきました。

YOUTUBEは世界中で観れるんだな~と
当たり前のように納得。

平日仕事帰りのライヴは辛いけど楽しい夜でした。
かなさんスタッフの皆様いつも有難うございます。
別窓 | ライヴ会場と街
201204182305
4/14長野「拓郎age」ライヴ

209848_1604601645_112large.jpg
CA1J1TN1.jpg
209848_1604601694_148large.jpg
209848_1604601711_128large.jpg

2月にオープンマイクで初めてお邪魔した。
拓郎ageさんでライブをしてきました。

マスターが私の演奏をもっと多くの長野の方に
聞かせたい。と仰って下さいまして実現したライブでした。

この時期長野は東京より少し寒いくらい
桜こそ満開ではないけど 3分咲くらいか・・

ただ15日が長野マラソンて゛
普段平穏なこの街に海外からの参加者も含めて一万人ものランナーが集結。
街中ジャージ姿の方ばかり
私どうやっても取れませんでしたホテルが・・・

ネット喫茶かカラオケに泊まることも考えたけど
結局 ライブ終了後
電車で松本まで移動
日曜日は松本城や浅間温泉と観光して参りました。

松本の街は噂以上に都会で洗練されていました。
でも私は長野市のほうがコザッパリした雰囲気で好きです。
かたや城下町 かたや門前町

これは故郷の福島と郡山の関係に似ているかも。

土曜日のライブは盛り上がりました。
お捻りまでいただいてしまいました。

マスターが通常のライブにして集客が少ないといけないからと
ご自身の高校の同窓会との連動企画を考えてくださり
なんと私がそのなかで歌うという営業的なライブ!

やるまで不安でした。
自分の同窓会も行ったことないのだから
でも皆さんギター経験をお持ちの方で
さらに大人の方ばかり
凄く楽しんで盛り上げて下さいました。

ライヴ後は皆さんのギター伴奏をしたりでまた盛り上がりました。
前回も感じましたが、長野の方は優しい方多いです。
拓郎ageの小林マスター様 皆様大変お世話になりました。
また是非呼んでください。
別窓 | ライヴ会場と街
201204160046
| チャーリー坂本の日記 |