2/25 新宿カールモール「昭和レトロナイト」

209848_1542031406_112large.jpg
201222509.jpg
2012022507.jpg
209848_1542031403_131large.jpg
2012022508.jpg
2012022510.jpg

東京には星の数ほどミュージシャンがいて
皆それぞれ何かしらの自身のキャッチコピーというか
こういう音楽やってますみたいな肩書きがあると思う。
ボサノバだったり、JAZZだったり、ロカビリーだったり
オリジナル曲の人も特定のライヴハウスの色があったり
尊敬するミュージシャン風だったり
それは自分を他人にブッキングしてもらう為や
集客する際のセールスポイントになるから。

私の場合ウォーキングベースで歌うけれどJAZZではなく
オリジナル曲も歌謡曲風だったりで「スウィング歌謡」なのだ。

今回Ro-mioさんに誘っていただいたお店
新宿「カールモール」は当に私にぴったりな雰囲気
この場所で42年営業しているレトロなBAR
ステンドグラスや壁のゴブラン調の布クロス照明と
こってり昭和なのだ。
企画名も「昭和レトロナイト」私の為にあるような企画~

お店に着くとブッキング担当のマダム小林さんが
迎えてくださり70年代の古着とヘアスタイルの彼女が
このお店にぴったりといった感じでした。

共演はRo-mioさん 赤坂ブルーナイツさん
両方ともバンドで大所帯 
Ro-mioさんのバンド編成ははじめて観ましたが
昨年のワンマンライヴの編成とのことで完成度高かった。
ロミさんは昭和歌謡ではないけれどオリジナルが
昭和テイストでバンドの演奏もカッコ良かった!
彼女はとても才能のあるミュージシャンだと思います。
本当にオススメ♪

赤坂ブルーナイツさんはサックスまで入った昭和ムード歌謡
オリジナルもやります。メンバー凄腕揃い
楽屋のお話を聴いていたらかなり歌謡曲オタクでした。
昭和40年代の歌謡バンドの雰囲気を味わいたい方は
是非観ていただきたいステージです。

チャーリーは間に箸休め的に登場。
Ro-mioさんに歌が上手くなったと褒めて頂きました。
ポツリポツリと会場の笑いもいただけたしで
良かった良かった(笑)

昨年はRo-mioさんのCD発売でお手伝いさせていただいたので
今年は彼女が私の為にと新しいお店を紹介して下さいました。
ただただ感謝。

ご来場のお客様

共演の皆様 小林さん 有難うございました。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201202261911
仏都 長野市

CA7IDRJB.jpg
CA4RHMAP.jpg
CA9MAH11.jpg
CAXXZ2K6.jpg
12020401.jpg
CA1N5DO2.jpg
CA29DE2S.jpg
CAXB2Y01.jpg

行く前は皆が大雪だ3メートル積もってると脅かすから
ついつい私もその気で行きましたが全然 高速道路も雪無いし
長野市に行っても日陰に雪が残っているくらい。

しかも長野市内を歩くと皆さんお洒落だしやたら薄着


長野市に行くのは人生で二度目
昔小学校の頃親父と弟とで川中島古戦場を観て善光寺参りした記憶が
有ります。

上田もそうだけど 長野市も街中お洒落でした。
数年前に冬季オリンピックが開催された経緯もあるのでしょうが
素敵な街
カフェも東京とかよりセンス良いと思います。
女性のファッションもセンス良いな~

あと当然だけど蕎麦屋さん多し
早速高速バス降りてから駅前の有名な戸隠蕎麦の店に
当たり前の様に美味しゅうございました。

ホテルがまた良かった。
駅前だし 古いけどレトロなストーブと照明
なんと屋上には男性専用露天風呂まで!
因みに販売機の珈琲は飲み放題
更に朝は蕎麦も出る
これでこんな安い料金。。いいのか
フロントのお姉さんも美人でやさしいし。
次回も絶対ここに泊まろう

長野市は古い建物とかを再利用した
ホテルやカフェ沢山あります。
これが本当にセンスが良いんです。
長野の人は基本的に頭が良いのだなと思いました。
当に仏都

早速チェックインして屋上の露天風呂に
眼下に長野駅 新幹線を見下ろし
遠くに信州の山々が見える
なんとなく高いビルからこちらを見られてる風でもありますが・・

ちょっと仮眠をとって
夜を待つ

オープンマイクのイベントがあると知って参加
ギター持参で

皆さん地元の方ばかり常連さんばかりに
突然東京からの参加に多少身構えていらっしゃいましたが
私の演奏が終わったら
皆さん「楽しみにしていました」と言って握手を求められました。

自分の中では長野の人は閉鎖的と勝手な思い込み有りましたが
ゴメンなさい。。

遅くまでギター弾いたり歌ったりした後で
駅前の有名ラーメン店「蕪村」へ
蕎麦好きな市民が認めるラーメン店だけあって美味しい。
音楽仲間にご馳走になりました。
沢山の良い出会いに感謝。

日曜日5日は朝から徒歩で善光寺へ
1.8キロある駅からの道をテクテクと
いたるところに仏様をおまつりした祠が
参道も立派です。
北京オリンピックで聖火リレーの出発点辞退をしたことで
チベットから贈られた仏像やら平安期の仏像が資料館に展示されていて
本当に心から手を合わせたい気持ちになりました。
善光寺の木造建築の壮大さにも圧倒されました。
一生に一度は行かねばね。

長野市良いな~ 是非また行きたい。

別窓 | ライヴ会場と街
201202060006
| チャーリー坂本の日記 |