10/23 三島Harry's last chanceライヴ

2010102302.jpg
2010102303.jpg
2010102306.jpg


土曜日の仕事を終えて慌しく本厚木の駅へ直行!
途中JRが自転車に接触したとかで電車に大幅な遅れ

なんとか辿りついた三島駅でみっぺさんRAYさんにバッタリ!
これで何とか店まで行ける

途中にある動物公園で有名な噛み付き猿が保護されているという話を聞きながら
暖簾の下りた鰻料理店を横目に「Harry's last chance」到着!

3年前からマイミクで今回初対面のマスターが笑顔で迎えて下さいました♪
ライヴ前の緩い緊張感
共演の河鹿さんは既にリハを済ませてもはや歌う気満々

私は着換えやら、旗の準備やらミュージシャンなんだか大道具さんだか
解らない感じです

he and sheさんともここが初対面のご挨拶

ライヴは定刻通りスタート!私は一応企画者という事でご挨拶
河鹿さんスタート ハミングバードが焼き鳥になる悲しい歌・・・

この時点でお客様は河鹿さんの知り合いの方ばかり
流石顔が広い

二番手は一応企画者「チャーリー坂本」
ヒーシーさんのお客様も沢山いらっしゃり満席状態
精一杯頑張りました~ 

最後にhe and sheさん
なんと昨年の12月31日依頼のライヴ出演とのこと
でもお客様は満員立見も出るくらい

he and sheご主人の正確でジャージーな演奏に奥様の素敵なボーカル
とても良い雰囲気会場も大盛り上がり
花束を奥様にプレゼントされる方も~
he and sheご主人は演奏されているときはとても真剣な怖い雰囲気なのに
演奏を終えて奥様と目を合わせるとナンとも素敵なニコッという笑顔
このお二人の間にはナカナカ入り込めないでしょう

三島のお客様も最高に盛り上げ上手 チャーリーも木に登るくらい
お褒めいただきました。

また行きたい三島 Harry's last chance

マスター お越しいただいた皆様有難うございました!

河鹿さんご夫妻 he and sheさんご夫妻
RAYさん みっぺさん本当にお世話になりました。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
201010241540
10/17 中野・ROYS CLUB 「東京パンタロンナイト2010 昭和歌謡の夕べ」

2010101702.jpg
2010101703.jpg
2010101704.jpg
2010101705.jpg

10月17日(日) 中野・ROYS CLUB
「東京パンタロンナイト2010 昭和歌謡の夕べ」

八月のある日突然ミクシィに知らない方からのメール
昭和歌謡イベントなので出演して欲しいとの内容
ずっとどんな方だろうと思い17日を迎えた。

新中野にあるROYSはナカナカ素敵なライヴBARで
マスターのこだわり料理が自慢のお店
今回の主催者でメールの主のエリゾーさんは
素敵な女性でした。 しかも美人!
ご主人もイケメンさんでした・・・

開演時間にはほぼ満席

今回のメインは名古屋と東京にメンバーが分かれた
昭和歌謡バンドソウルパンタロンズを主軸として
メンバーを割ってLittle Beat、ポ・リフェノールの
バンドユニットが出演
名古屋のバンドだけに演奏は上手だしボーカルも最高!
思っていた通りに、お客様を楽しませる
引き出しの多さを感じました。

エリゾーさんはとても華のある方でステージに
見入ってしまう。
メンバーの方もとても良い方ばかり
演奏が上手な方は感じのイイ方多し

今回チャーリー坂本は本格ソロ始動という事で
ソロ用のノボリ旗を初披露!
とても好評だった様子 嬉しい!
皆さん「面白かった」と口を揃えて・・・

最後に今回のスペッシャルゲスト むらなが吟さん
アヤシイ関西弁の話術も巧みに素晴らしいボーカルと
アコースティックギター演奏とても勉強になりました。


ライヴ終了後 三浦でライヴもやる喫茶店の
オーナーさんからお仕事を頂きました。

エリゾーさん今回はお声を掛けていただき
本当に有難うございましたm(__)m
楽しい夜でした
別窓 | ライヴ会場と街
201010241536
セニョチャリ九州ツアー(八幡編)
20101010011.jpg
2010101009.jpg
2010101008.jpg
20101010032.jpg
2010101007.jpg
2010101002.jpg
2010101011.jpg
20101010021.jpg
20101011012.jpg
2010101102.jpg

10月10日(日)団長達と朝から門司港を船で渡り下関へ
おりしも下関はNHK「竜馬伝」の舞台として大盛り上がり
でも下関なんだからせめて竜馬じゃなく晋作で盛り上がって
欲しいな~

唐戸の市場へ向かった団長達と別れ
城下町長府へ ここは二十代の頃一度来たことがある。
司馬遼太郎さんの「世に棲む日々」を読んで興奮し
功山寺へ行ったっけ

竜馬ブームで功山寺も観光客をさばく様な対応
昔は抹茶を出したり普茶料理を食べたり出来たのに
でも風情のある門の下に座っていると何ともいえない気持ちになる。

こうしている間にも富山から小倉に来ている軍曹さん
博多まで戻っているセニョさんとひっきりなしのメール

昼も食べずにそのまま小倉へ

そのまま楽器と衣装を持って黒崎へ
軍曹さんと駅まで落ち合い路上練習
彼は今夜のライヴに富山からブルースハープでゲスト出演

今夜のライヴの仕切りは「チャーリー坂本コミュ」の管理人
金さんとご主人のレシーブ二郎さん
私をYOUTUBEで見つけて下さった方々です。

会場の八幡「LIVE BAR ANDY」はこのエリアでも大き目のハコで
収容人数は座りで70人立見も詰め込んで100人との事

夕方ようやく天草から戻ったセニョと合流
金さんの車で拾っていただきANDYへ

既に予約は70名を超えていて当日入場も含めるとその数は
100人になるのではとの前情報・・・

ANDYは北九州の最危険地帯『八幡』にあるとてもカッコイイライヴハウス

店はウッド調の店内にブルースマンのイラストが描かれていて
天井も高い照明も音響もバッチリ最高!!

リハを済ませた段階で開演が待ち遠しい
店の片隅でハープの音を出す軍曹さんの緊張が伝わる~

PM7:00開場
どこから集まってきたのか沢山のお客様で会場は瞬く間に
満員満席 出演者は楽屋か外にいるしかない状態
PM7:30
夢のコラボLIVEスタート!
司会のジョニーさんがセニョチャリに合わせて白いジャケットに
黒の蝶ネクタイで開演の合図を!
金さんも参加する女性三人のコーラスグループ
「ときめきボンバーズ&ブレイク王`S」スタート!
実に七年ぶりの再結成とのことプロの方を含む
完璧なコーラスワークは地元のファンを魅了
私も大感激!エジプシャン
この時点で会場は立見のお客さんで身動き出来ないくらい

PM8:00 セニョチャリ登場
ミラーボールは廻る我々の銀のスパンコールに反射して
キラキラの演出
客席の照明は暗いが100人は入っているのが解る
東京から鳴り物入りでやって来たオヤジ二人を見てやろうと
客席も共演者も固唾をのむ

まったくと言っていいくらいに緊張はなく客席一人一人の
顔を見つめながら演奏、歌唱することが出来た。
出演直前まで楽屋から出なかったセニョさんもきっと
同じ状態だったと思う。
はるばる東京から飛行機で来たんだもの 失敗する様な
相方ならこのまま解散しようと思っていた。お互いに

お約束コーナーではスーパー主婦さんがステージ上に
有難うございますようやくお会い出来ましたね。

「上を向いて歩こう」でブレイク王`Sのパーカッションの方に参加していただき
富山からの親友 軍曹さんをブルースハープに向かえ共演

40分のステージが50分やってしまい更にアンコールまで
とても良いステージだった~
やれて良かった。確かな手応え!皆さん有難うございました。

トリは再び金さんが金色の看護婦姿で登場
「金さん銀さん&すけったーず」ロックです!!
会場も大盛り上がり レシーブさんの引き出しの多さ
とどんな楽器も操れる才能にも魅了されました。
バンドの皆さんもカッコイイ演奏

最後はエルクのカントリージェントルマンを借りて
私と軍曹さん参加の大セッション大会
沢山のお客様有難うございました。

夜はそのまま皆で小倉名物やきうどん

11日金さん宅に泊めていただき北九州空港から飛行機で
帰宅 天気が良くて瀬戸内の島々がハッキリ見えました。
以前ライヴをやった明石大橋、神戸、静岡、富士、三島
木更津上空を廻って羽田へ
こうしてみるとまだまだ日本では行ってみたい街が沢山ある!

今回のツアーでお世話になった皆様
源吾団長、サニーさん、金さん、二郎さん
有難うございました。
別窓 | ライヴ会場と街
201010112003
セニョチャリ九州ツアー(博多、小倉編)

2010100801.jpg
2010100804.jpg
2010100803.jpg
2010100901.jpg
2010100903.jpg

10月8日(金)セニョチャリツアー初の飛行機移動
羽田から福岡まではわずか一時間半
博多の空は雨のち曇り
空港で到着早々に「黒こってりとんこつラーメン」
これは美味しい ガイド本にも無い味
そのままホテルにチェックインしてセニョさんと
キャナルシティで「達磨」のとんこつラーメン
博多滞在中にどれだけ食べられるかが今回の課題(笑)

夕方今回のツアーの団長源吾さんと よねさん マドカさんと合流し小雨降る中今夜の会場「木馬」へ
マスター趣味のモデルガンやらウルトラセブンやらが
ところ狭しと並ぶ店に博多の顔役 サニー安田さんが
準備を整えて待っていて下さいました。

美季マドカと貴族の恋(源吾、よね)の歌謡GSバンドが
一番手に演奏 マドカさん達はニューCDを引っ提げての
今回のツアー
CDカッコイイ仕上がりですよ~♪
美季マドカさんの歌の世界はとても深い そしてマニアック
CDも売れてました
レコーディング直後ということもあってか「ラストフライト」
源吾さんのギター最高でした!

そして博多の顔役 サニーさんがエレキで弾き語り

お店の常連のお客さんも仕事帰りに集まってきたところで
カバーとオリジナル曲を
自分のイメージを的確にギターで表現できてしまう
素晴らしい演奏力と淡々としながらも聴き手をひきつける
緊張感 今後ソロでライヴをやる事が多くなりそうな
私にとってとても勉強になりました。
お客様も大受け!

最後にセニョチャリ
それほど広くない店内はスーツを着たサラリーマンや
常連のミュージシャンでほぼ満杯状態
マスターがセニョと私に照明を合わせてドン!のスタート
とても盛り上がりました。
お客さんも喜んでいるし私達も楽しい
店中が初めて会ったのに一つになれた瞬間

終了後団長源吾さんに連れられて博多の名物中州の屋台へ
11:00過ぎにも関らずまだやっているお店に飛び込む
くにさんも参加で乾杯 私はコーラで・・

しめに私とセニョにとってはこの日三回目の博多ラーメン
既に深夜 

翌10月9日(土)皆はそれぞれバラバラの行動を
セニョさんは熊本天草にいるという親戚を尋ねて
私は有名な大宰府天満宮へ
団長達は魚市場から競艇場へ

私が北九州小倉に着いたのはPM4:00ごろ
二十年前に一度訪れた小倉とは大違いの
とても近代的な建物が建ち並び
流石九州の玄関口という様な立派な駅

モノレールでホテル入り
キチンとした朝食がついて3,900円という団長オススメの
九州第一ホテルは何故かギターを抱えたミュージシャンが
この日見受けられた。
小倉ブルースフェスが翌日あったらしい。

一応天草から小倉に駆けつけることになっているセニョから
この時点で連絡なし(笑)

夕方団長達と合流し九州の火薬庫小倉の繁華街に
夕食を
小倉の屋台ではお酒を置いていない
何故なら酔ったお客さん同士がケンカをはじめて
事件が起きるからだという(本当らしい)

酒を飲まない私には全く関係のないお話ですが

「焼き飯」「焼きうどん」を食べる
焼き飯はラードを使用して炒める濃い味炒飯
焼きうどんは小倉が発祥 美味!

セニョさんから連絡で天草のおばあさんが具合が悪いとの
事で急遽今夜は出演出来ず チャーリーソロライヴとなった。
そういう事情ならば仕方なし

今夜のお店「なしかde Sai-on」でまだ少ないお客様を
相手にまずは坂本がライヴを開始
途中から流れのお客様やら常連のお客様が
ママさんが集めているという九州の焼酎が沢山並ぶ
のをバックに全く飲めない私が歌う(笑)

誰もが知っているJAZZナンバーというリクエストに答え
「夜霧よ今夜も・・」を私アレンジで歌う。
マドカさん達の演奏を終えてホテルに帰る
「レフティーズバー」で一曲歌い「石焼ちゃんぽん」を食し
ホテルへ戻る またもや深夜2時を過ぎている・・

明日はセニョが来るのだろうか
別窓 | ライヴ会場と街
201010111955
10月2日木更津イベント満員御礼!

2010100206.jpg
2010100205.jpg
2010100202.jpg
2010100201.jpg
2010100203.jpg
2010100204.jpg
2010100210.jpg



予約前売りの段階で既に40枚のチケットが売れていたので
集客的な問題は心配していなかったにも関らず、企画者としては
全体を通して楽しんでいただけなければ意味が無いと思っていました。

目指すは昭和白黒TV時代の歌あり踊りあり笑いありのショー番組
こんな発想を私に教えて下さったのは「ホット倶楽部イクスプレス」の浦上さん

ショービジネスの世界が低迷しているのは世の中全体が暗くなっているから
まずイベント企画者は街を明るくすることを考えなければと仰ってました。

浦上さんは原宿のクロコダイルを基盤として私は手はじめに木更津「ペースカフェ」から

PM6:00「ペースカフェ」入り機材搬入
オーナーと机、椅子を40人様に並べ直す作業
楽器音だしリハーサル
こうしている間にも待ちきれないお客様が会場入り[m:78]

お客様が入っているがブルーグラスユニット「ビル&ドク」の音だしが続いていて
BGMは流せない。 
PM7:00開場時間既に客席は半分以上埋まっている状態
会場に目をやると出演者とお客様が何故かビールで乾杯中(爆)

私は今回全体の司会も全てやるので白いタキシードに着換え
ガイコツマイクもセット済み

そこにベリーダンサーのサーミヤ嬢からもうすぐ木更津に着くとメール入り
あわててJR木更津駅に出迎え
彼女は、つくばでのベリーダンス講師を終え二時間掛けて木更津に来てくれた。
木更津駅の改札前で彼女を待つ私。 白いタキシードに蝶ネクタイ胸に赤い薔薇
乗り降りのお客さん誰もが私を見る・・
「チャーリーさんすぐ解りました!」とサーミヤ嬢

この時開演30分前だったが東口駅前「モンシェリー」で評判のジェラートを二人で食べる。
企画司会者が開演前30分で会場にいないのに関係者の誰からも携帯にメールは無い(笑)

PM8:00定刻にイベントはスタート[m:179]
会場は既に満員状態 出演者を含めると会場には50人もの人が入っている。
木更津の女性は美人が多い

ブルーグラスユニット「ビル&ドク」が会場を盛り上げ
続き女性三人によるキャッツパフォーマンス流れで大抽選会[m:194]
私が司会でくじ引き抽選大会
この時点でかなり会場もヒートアップ

そして熱海で月曜に営業をご一緒したばかりのサーミヤ嬢登場!
会場は大興奮 流石はプロ盛り上げのツボを心得ている[m:87]
最後はステージに多くのお客様を呼び込んでの大盛り上がり

最後は宮野和美さん、木更津の宝、古山さん チャーリーによるアコースティックライヴ♪
会場がひとつになってライヴを演奏を歌を盛り上げて下さいました[m:50]

沢山のお褒めの言葉と写真撮影大会 いろいろとご批判もあるかと思いますが
『木更津ストラット』大盛況にて終了しました。

木更津のお客様 出演者の皆様 即決さん、カマ子さん、ローハイドさん
有難うございました♪
別窓 | ライヴ会場と街
201010031836
| チャーリー坂本の日記 |