10月24日大森「風に吹かれて」満席になりました♪
2009102401.jpg
2009102409.jpg
2009102406.jpg
2009102402.jpg
2009102404.jpg
2009102403.jpg
2009102407.jpg


二年前の夏に埼玉にあるボクシングジムのリングで
ライヴをしたご縁で親しくさせていただいている
佐藤龍一さん、柴野繁幸さん、赤木家康さんとのライヴ終了いたしました。

夕方から雨が降り出した大森、お客様の出足は鈍いかと思いきや
開演の時間にはほぼ満席となりました。
今回は龍さんが三人のバックミュージシャンを連れてこられた事もあり
出演者だけでも8人。

柴野さんは以前も大森でご一緒した元ロブバード(フォーライフ)の方
龍さんは金谷マスターと同じ(エレックレコード)からレコードを出していた方
セニョチャリがご一緒させていただくのは恐れ多い大先輩です
今回は成り行きでチャーリー坂本主催となりましたが、
先輩二組とご一緒はホントに緊張しました(笑)

満席になったところを見計らって
セニョチャリがトップ出演♪
最近のライヴはずっと満員ライヴが続いたし
セニョチャリのお客様が多かったので
何を喋ってもそれなり受けていた。

今回はそれぞれのお客様が三等分されていたので
出だしお客様の反応が微妙で心配しました
中盤からは盛り上がり次の龍さんに繋げることが出来ました。

龍さんはベース、カフォン、ギターの三人をバックに最初の曲から
大盛り上がり。
途中でソロの弾き語りも挟んで
計算されたステージング。
演奏、楽曲、パフォーマンス全て素晴らしかったです。
龍さんもの凄く気合が入っているのが伝わりました。
ご本人にとっても最高のステージだったと思います

最後は柴野&家康の御二人
有名外科医でもある家康さんは外来の患者さんが多くいらして
セニョチャリのステージが終わったくらいの時間で入店
リハーサルなしでも柴野さんとピタリ合わせてしまうのは流石です!
柴野さんはとても気分良さそうにシャウトされてました
エレキギター二本の絡みがバランスよくアコースティックのお店に
響きました。
大いに盛り上がりアンコールまで完全燃焼♪

柴野さん龍さんという日本の音楽界のページを飾った
私よりも年上の方々
日本でも有名な医師でギタリストの赤木家康さん
皆さん全力で今回のライヴに臨んで下さいました。
素晴らしかった
会場にいた誰もがそう感じたと思います。

雨の中御来場いただいた沢山のお客様
競演の皆様本当に有難う御座いました。

セニョさんは明日試験です
頑張って!
スポンサーサイト
別窓 | ライヴ会場と街
200910250201
静岡ライヴツアー満員御礼!

2009101702.jpg
2009101703.jpg
2009101701.jpg
2009101803.jpg
2009101806.jpg
2009101807.jpg
2009101804.jpg
2009101810.jpg

17日昼には静岡県富士入りして練習するセニョチャリ
この時点で天気は薄曇富士のお膝元でありながら富士山が見えない。

午後三時には土砂降りとなる[m:3]
夕方RAYさんとみっぺさんに車で拾ってもらい今夜の会場
「リバプールジョン」へ
とも風さんは既にお店に到着
マスターが戻ってくるのを待ってリハーサル開始♪

PM6:00近くに昼間の土砂降りで寒さの中野外ライヴを終えてきた
MOGAMIさん、河鹿さんが来店。
これで出演者勢ぞろい。

MOGAMIさん とも風さん セニョチャリの順番でライヴは進行
お店は満席となりました。
いつもながら富士のお客さまはあたたかい[m:59]

これだけお互いにライヴをしていながら年に一度お会いするか
しないか でもいつも意識している人MOGAMIさん
素敵なステージでした。

木更津でお世話になっている とも風さん古山さん「リバジョン」が
雰囲気的にも凄く合っていると感じました。
お客様も唄とギターに酔っていました。

セニョチャリは例のごとくに皆さんに笑っていただき今夜も最高の気分でした[m:50]

ライヴ終了後 河鹿さん御夫婦とみっぺさん、RAYさんで
沼津のライヴBARへ

18日はセニョチャリは単独で静岡市清水区にある
「エスパルスドリームプラザ」のシーサイドデッキライヴ出演

昨日とうって変わった晴天で
気温も高め
丁度この時期帆船「日本丸」「海王丸」二隻が清水港に寄港しており
晴天の日曜日ともあって沢山の人でした。 
ドリプラシーサイドデッキも犬を散歩させる人達 とにかく沢山のお客様

三組出演中セニョチャリは二番目 PM2:30から
帆をたたんでいた日本丸が帆を拡げだし
更にシャッターチャンスを探す人達。

ライヴは年配のお客様も多く静かに熱く盛り上がりました[m:50]
途中女性のお客様から静岡名物「安倍川もち」と
お花のブーケをいただきました。
とにかく色々な方に沢山写真を撮られました。
精神的にも盛り上がりました[m:62]
ギターが弾いていて気持ち良かった~♪
最高の演奏が出来たと思います。

帰りの河鹿さんが運転する車から絵の様な富士山が観えました[m:227]
楽しかった静岡ツアー
河鹿さんご夫妻には本当にお世話になりました。
別窓 | お道具 | トラックバック:0
200910182210
10月10日 11日 仙台演奏旅行記

2009101007.jpg
2009101008.jpg
2009101013.jpg
2009101012.jpg
2009101101.jpg
2009101009.jpg
2009101010.jpg
2009101011.jpg
2009101001.jpg
2009101002.jpg

三連休という事もあり
東北自動車道50キロ渋滞のニュース
でもそこは、慣れた高速バスの運転手さん
常磐道廻りで、予定時間から僅か30分ぐらいの遅れで仙台到着
昼ご飯がまだだったので駅ビル内の『青葉亭』で牛タンステーキを
いただきました。

今夜の会場は、「ぱーるだーちゃ」というライブBAR
主催は だるま食堂さん
姫路からバンボスさん 群馬からmitiさん 埼玉から はるちさん
地元仙台から コサキさん そして日高さんとお仲間達
出演者も多いがお客様もいっぱい
満員状態です

会場には二年前のライブ時にお世話になったMさんと奥さま
そしてお友達 

私のライブは皆様に盛り上げて頂き
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました
二部で地元ミュージシャンの方々の飛び入り演奏を終え流れ解散

二次会は皆合流かと思いきや?
大町のアコースティックBAR「唄屋」に到着すると
MさんとN村さんと私の三人だけ
大町の「唄屋」は
Mさんお勧めの音響、照明も最高の店
オーナーは地元の方ではなそうですが
二年前のオープンにあたり
都内のフォーク酒場的なお店を全て訪ね研究されたそうです。

確かに歌っていて気持ちが良し聴いていて気持ちよし。
私も色々なお店で演奏させて頂きますが
ここは本当に素晴らしいです。

お仕事等で仙台を訪ねられるミュージシャンの方は是非お訪ね下さい
ギターも置いてあり 手ぶらOKです!
イメージとして荻窪の洛陽を広くした感じでしょうか。
一曲演奏させて頂いたらオーナーさんが名刺を持って来られて
その場で来春セニョチャリライブ決定しました。
ご好意で一時間のワンマンショー

Mさん企画のレストランライブと合わせて
仙台単独ツアーその場で決定!!

深夜に男三人でラーメンを食べ(美味しかった!)
Mさん宅へ
午前3時を過ぎて奥さまはとっくにご就寝

翌朝早々にお仕事で出掛けられた奥様が準備して下さった
朝食を猫と犬に見られながらMさんと食べ
Mさん運転の車で仕事先のお客様の所へ
大きな梨の果樹園をされていました。

収穫期のお忙しい所お邪魔し梨畑を見学させていただきました。
大きな梨も試食させていただき
Mさんとお別れしました。


東北の大都市 仙台であっても
景気は悪く失業率は高いそうです。
昔からの飲食店もなくなりました。
他に秀でたアイデア、強い個性がなければ
生き残れないのは何処も一緒なのでしょう。

次は年明けになるセニョチャリ仙台ツアー
皆様また宜しくお願いいたします。

だるま食堂 あゆっちさん 大黒屋さん
競演の皆様
お越しいただきましたお客様

そしてMさんお世話になりました。
別窓 | ライヴ会場と街
200910121711
10/5 渋谷クロコダイルでイベントライヴ出演

SANY0097.jpg
2009100501.jpg
SANY0100.jpg
2009100502.jpg
2009100503.jpg
SANY0081.jpg


外は雨帰宅時間は午前1時

渋谷「クロコダイル」楽しいイベントでした。
風邪が治ったばかりてテンション低いセニョさん
いつにも増して挙動不審?

今夜は素晴らしい出演者ばかりで、
時間も瞬く間に過ぎ
ウクレレミュージシャン続々登場
美しいフラの女性には見とれてしまいます。
更に美人ウクレレデュオのFLIP-FLAP
素晴らしいハーモニーでした!
可愛いな~元オスカープロモーションだそうな

時間が大幅に押した関係で
牧伸二さんの次にセニョール中野とチャーリー坂本出演
これがまた・・・
最後は主催者 浦上さんのバンド
『ウクレレムーンバンド』登場
時計も11時を過ぎているのに大盛り上がり
繭本珠妃さんもいつになく熱のこもった歌唱
本当に素晴らしい夜でした。

是非また参加したいです浦上さん!
お世話になりました。
別窓 | ライヴ会場と街
200910062211
| チャーリー坂本の日記 |